【VPSサーバー】おすすめはConoHaとWebATRNAの2つ
Tradeviewに今すぐ登録する!

”VPS初心者におすすめConoHa”

                                                  VPSにおいてのConoHaは国内人気ナンバー1であり、利用者数が170,000人を突破したおすすめのVPSサーバーです。

パフォーマンスの高さ、並びに使用しやすさが人気の理由になります。

WordPressに最適化されコントロールパネルから直感的に扱える「KUSANAGI」を、「ハードウェア、OSPHP、データベース」などにおいて利用可能です。

また初心者が容易にWordPressにおいて「KUSANAGI manager」を、使用することによりブログ並びにサイト制作が可能になります。

アプリケーションの処理及びPSの構築においては、超高速SSDが標準装備されているため非常にスピーディーです。

VPSの中において管理画面の使用しやすさは群を抜いており、コントロールパネルは使用者を選ばず直感的に操作することが可能です。

ConoHaは基本的に定額制となり、時間課金制へと切り替わる場合は利用期間が1ヶ月に満たない利用時になります。

ただ月額での変動が発生しないため、少ない利用の場合数百円になります。

その上転送量に応じた課金の発生もないため、最小限のコストにおいて開始可能です。

サービス内容と仕様などにおいてConoHa(512MB)は、「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)682/589円、容量SSD:30GB、メモリ512MBCPU仮想1コア」など。

ConoHa(1GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)968/723円、容量SSD:100GB、メモリ1GBCPU仮想2コア」など。

ConoHa(2GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)1,848/1,426円、容量SSD:100GB、メモリ2GBCPU仮想3コア」など。

ConoHa(4GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)3,608/2,901円、容量SSD:100GB、メモリ4GBCPU仮想4コア」など。

ConoHa(8GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)7,348円/5,802円、容量SSD:100GB、メモリ8GBCPU仮想6コア」など。

ConoHa(16GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)14,300/10,890円、容量SSD:100GB、メモリ16GBCPU仮想8コア」など。

ConoHa(32GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)28,600/21,780円、容量SSD:100GB、メモリ32GBCPU仮想12コア」など。

ConoHa(64GB)は「初期費用無料、月額費用(通常価格/割引きっぷ価格)53,900円/43,560円、容量SSD:100GB、メモリ64GBCPU仮想24コア」などになります。

なお日本マーケティングリサーチ機構において、20212月期に調査が実施されました。

その結果ConoHaは「ITエンジニアが使いたいVPS」と「WordPressKUSANAGI)利用者満足度」や「Minecraftマルチプレイ利用者満足度」などの3部門においてナンバー1を獲得しています。

GemForexに今すぐ登録する!

国内トップクラスの利用料WebARENA Indigo”

VPSにおいてのWebARENA Indigoは月額349円から利用ができる、国内トップクラスの安さを誇るおすすめのVPSサーバーです。

システム性能アップが可能な仮想専用サーバーの台数を、増やすことによるスケールアウト型VPSサービスになります。

複数のインスタンスをクラウドサービスのように、1つのコントロールパネルにおいて管理ができます。

さらにインスタンスのマシンイメージをバックアップ機能において保存し、テンプレートのマシンイメージによるインスタンスの複製が可能です。

そのため同様のサーバー設定において、Webサイト制作時に発生する面倒な手間の削減が可能です。

安心してWebサイト運営を行える理由は、Webサイトの様々な可用性を24時間365日において監視し問題を迅速に検知するためです。

サービス内容と仕様などにおいてWebARENA Indigo(1GB)は、「初期費用無料、月額費用349円、容量SSD:20GB、メモリ1GBCPU仮想1コア」など。

WebARENA Indigo(2GB)は「諸器具用無料、月額費用699円、容量SSD:40GB、メモリ2GBCPU仮想2コア」など。

WebARENA Indigo(4GB)は「初期費用無料、月額費用1,399円、容量SSD:80GB、メモリ4GBCPU仮想4コア」など。

WebARENA Indigo(8GB)は「初期費用無料、月額費用2,798円、容量SSD:160GB、メモリ8GBCPU仮想6コア」など。

WebARENA Indigo(16GB)は「初期費用無料、月額費用5,596円、容量SSD:320GB、メモリ16GBCPU仮想6コア」など。

WebARENA Indigo(32GB)は「初期費用無料、月額費用11,193円、容量SSD:640GB、メモリ32GBCPU仮想8コア」などになります。

なおWebARENA (Indigo)はオンラインサインアップ、及びクレジットカード決済において容易に始めることが可能です。

関連記事:FXの自動売買に必須の【VPSサーバー】についてわかりやすく解説

関連記事:【どんな人におすすめ?】VPSサーバーのメリットとデメリット解説

関連記事:【自動売買にも応用されているって本当?】OCO注文を詳しく解説!

IS6FXに今すぐ登録する!